掃除しかさせてもらえない時代遅れのロボットが昼間だけ人間になる「ロピ」、
世間で増え続ける動機のない無差別殺人の原因を暗示する「レミング」、
自分を人間だと信じ込んでしまったアンドロイドを説得する「雨の日の哲学」など、全11編の短編小説。